優しい子の育て方の秘訣は?子供の特徴と親の行動について徹底解説

優しい子の育て方の秘訣は?子供の特徴と親の行動について徹底解説関係づくり

「優しい子になってほしい」というのは、ほとんどの親が抱く願いです。しかし、そのためには具体的な育て方や親の心構えが求められます。

本記事では、優しい子の特徴や育て方に焦点を当て、親が身につけるべき特別なスキルについても探っていきます。

愛情いっぱいに育てられた子は自然と優しい子になるものです。子育てのコツを知っておくだけで、楽しく笑顔で育児をしながら、優しい子を育てられる育児ができるようになりますよ!

当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。

優しい子に育ってほしい

あなたのお子さんは、誰か困っているお友達がいたら、「どうしたの?」と声がかけらますか?ママがしんどそうにしていたら、「ママ、大丈夫?」と言ってくれますか?

「YES!!」とすぐに答えられるといいのですが、多くのママは、「そんなときもある…。」くらいの微妙な答えになるのではないでしょうか。

でも、大丈夫!まだまだ優しい子になるチャンスはたくさんあります。成長と共に「優しい心」も成長します。その成長をグンと伸ばすため、優しい子の特徴と育て方について、詳しく解説していきます。

優しい子の特徴とは?「優しい」を掘り下げる

みんなが「優しい子」と感じるのは、どのような時でしょうか?転んだお友達を助けてあげる、妹の手を引いて歩いてあげるなど、様々な行動がありますね。

ここからは、優しい子がする行動や発する言葉など、その特徴について解説します。そして、優しい子の特徴を見ていくとわが子の言動との共通点が見つかるはずです。わが子の優しい面を見つめていくきっかけなるとよいでしょう。

優しい子は人の気持ちが分かる・共感できる子

友達と遊んでいる時や話している時など、相手の気持ちを考えられる子は、心が優しい子と言えます。相手の気持ちを考え、「こうしたら、喜んでくれるんじゃないかな?」「今は悲しい気持ちだろうな」と相手の立場に立って考えられるからです。

小さい頃は、相手が泣いていると、自分も悲しくなって泣いてしまう子がいます。それも共感する心が強いという証拠です。そして、成長と共に、相手がなぜ、悲しい気持ちになっているのか、どんな気持ちなのかを想像できるようになります。

相手を想うことができれば、自然と嫌がることはしないようになり、優しい言葉や行動ができるようになります。

優しい子は相手を尊重できる子

子供は自分の気持ちや欲求が第一です。わがままと思うかもしれませんが、それが普通です。

そして、成長にともなって、相手を大事に思ったり、相手の意見を聞いたりできるようになってきます。しかし、それは精神的な成長が伴わないとなかなかできないことです。

自分の意見と相手の意見が異なった場合でも、どちらも大事な意見ととらえて、話を聞き、双方で話し合いができるようになれば、立派な大人です。

しかし、子供であっても優しい子はみんなの意見を大事にして、一人一人を尊重する力を持っています。

優しい子は友達・家族を大事にできる子

優しい子は、「人」をとても大事に思っています。仲間、家族、友達など人のつながりを大事にし、人と一緒にいる時間を楽しんでいます

優しい子はおじいちゃん、おばあちゃんなど、年が離れた家族の関わりが多いと言われています。おじいちゃんやおばあちゃんが疲れたら、子供なりにゆっくり一緒に歩いたり、重い荷物を運んであげたりしています。

それは、おばあちゃん達が喜んでくれるからだけでなく、自分が手助けするとおじいちゃんおばあちゃんが助かるということを経験するからです。

もちろん、おじいちゃん、おばあちゃんだけでなく、身近な人を手助けする経験が、心の成長を促し、優しい子に育てるのです。

わが子を優しい子に育てるための3つのポイント

ここからは、優しい子を育てるポイントを解説します。

環境や年齢など、人それぞれですが、ポイントを知っておくと、子供にどんなことを積極的にさせるべきかが分かります。

優しい子になるには、心の成長が必要です。そのために、ママやパパが優しい子に育てるコツを知り、子供の心の成長を促してあげましょう。

1:優しい子は色んな人と関わりが多い

子供には、同じ年頃のお友達だけでなく、色んな年齢の子や大人とかかわりが持てるようにすることが大事です。兄弟がたくさんいる子やおばあちゃん、おじいちゃんと一緒に住んでいる子は優しいと感じたことはありませんか?

それは、自分と違う年代の人と時間を過ごすことで、たくさんの意見を聞くことができます。また、人によって考え方が違うことも自然と学びます。

たくさんの人にわが子を知ってもらうこと、声をかけてもらうことは愛情をたくさん受けるということができます。たくさんの人に大事にしてもらった経験や声をかけてもらうことで、子供の心は満たされていきます。

ママやパパの友達や近所、親戚、年配の方のと関わりは、子供を成長させるということを覚えておきましょう。

2:優しい子は気持ちを言葉にする

人の気持ちを考えて行動できる子になるには、気持ちが分かる子にならなければなりません。気持ちは言葉にしなければ、あいまいな感覚だけで終わってしまいます。

つまり、子供は嫌なことがあれば泣いたり、怒ったりするだけで、それを言葉にするのが難しいので、身近な大人が代弁してあげましょう。イヤとはどのような感情なのかを言葉にすることで、同じようなことがお友達に起こると、同じ気持ちになることが分かるようになります。

例えば、下記のようなケースでは、自分の気持ちをどのように言うでしょう。

シチュエーションは:
ゲームで順番を抜かされて、自分の番が回ってこなかった。そうすると、涙が出てきた。

このような場合、「悲しい」「イヤだった」という言葉は出てくるかもしれません。それなら、もう少しママやパパが言葉にすることをサポートしてあげてください。

気持ちを言葉にすると:
「ゲームの順番が来るのを楽しみに待っていたのに、お友達に抜かされてできなくなってしまったから、がっかりしたし、悲しくなった」
このように表現できると、悲しい気持ちの理由がはっきりわかります。このように、言葉にすることを普段からしておけば、相手の気持ちを理解でき、考えられる子になります。

3:優しい子は愛をたくさん受けている

優しい心を育てるには、愛情をたくさんかけることが重要です。少々なら甘やかしても良い。優しくしてもらう経験が優しい子を育てるからです。

人に迷惑をかけなければ、可愛がりすぎなほど可愛がればいいのです。おもちゃが一人で片付けられなければ、手伝ってあげてもいいのです。一人で着替えをするのを嫌がったら、手を貸してあげましょう。

甘やかして育てると、自分のことを自分でしなくなるという意見もありますが、片付けも着替えも成長と共にできるようになります。子供がしようと思っているのに、親が先回りしてやってしまうのは良くありません。でも、子供が甘えたい時には甘えさせてあげると良いでしょう。

優しい子の親の行動とは?育て方のコツを伝授

ここからは、優しい子を育てる親の行動について考えます。優しい子に共通点があったように、優しい子を育てる親にも共通点があります。

相手の気持ちを考えらるようになるには、気持ちを大事にしなければなりません。普段からどんな気持ちなのか、何をすればどんな気持ちになるのか、考える機会を作りましょう。

毎日の声掛けやママやパパも一緒に言動を変えるだけで、相手の気持ちが分かる優しい子に育ちます。

優しい子の親はきちんと気持ちを言葉にする

まずは、親が思っていること、親の気持ちをしっかりと言葉にして伝えることが大事です。何もしていない時でも、子供に「かわいい」「大好き」と気持ちを言葉にして言ってあげましょう。

また、「うれしい」「楽しい」というプラスの気持ちも、「さみしい」「しんどい」「つらい」などのマイナスの気持ちも嘘をつくことなく、その時々で伝えるようにしましょう。

相手の気持ちが分かる前に、自分の感情を言語化できるようになることが大事です。ママから「あなたが大事」「一緒にいると楽しい」と言われることで、子供も同じ感情を言葉にできるようになります。そして、自己肯定感を強めることができ、家族の安心感、愛情を育てることができます。

優しい子の親は叱らず話し合いをする

「子供が宿題をしない」「片づけをしない」という時、「コラー!」と叱るのではなく、なぜしないといけないのかを説明してあげましょう。もちろん、説明して、子供が理解したように見えても、次の日にはまた同じことをします。

それでも、頭ごなしに起こるのではなく、宿題をしない理由を聞いてください。そして、ママが宿題をするべきだと思う気持ちを毎日、何回でも伝えましょう。

なにか悪いことをしたとしても、悪かったのは子供自身ではなく、悪いことをしたという事実を子供にも理解させることが大事です。宿題をしていかなかったことは悪いけれど、子供自身が悪いわけではないということです。

一方的に怒らず、話し合って次の行動を促すことを意識しましょう。「何回でも何回でも、あなたと話をするよ。」という意思を見せることが大事です。

優しい子の親は感謝する気持ちを大事にする

たくさん可愛がって、多少甘やかしてもいいですが、感謝の気持ちを常に持つことが大事です。「ありがとう」という言葉を常にいうように、ママもパパも習慣づけましょう。

「ありがとう」と言いなさい。というよりも、「ありがとう」という気持ちを育てることが重要です。子供の前では誰かの悪口などは言わないようにし、みんなに支えられていることを言葉にしましょう。

ママやパパが、常に周りの方々への感謝の気持ちを持っていることが、子供にとって一番の教育になります。

優しい子の性格の良い面と悪い面

「優しい子」になってほしくないという親はおそらくいないでしょう。しかし、「優しい子」にも、捉え方によってはデメリットがあります。

優しいからこそ、主張することができなかったり、人の意見に流されてしまったりします。また、優しい性格が裏目に出て、優柔不断と思われてしまうことがあるかもしれません。

自分の子の特性や性格を知り、良い面も悪い面も受け入れてあげることが大事です。そのうえで、悲しい思いや辛い思いをしないように、声掛けしてあげられると良いですね。

協調性がある⇔競争心が少ない

特徴:お友達の話をよく聞くことができる、みんなの意見を大事にすることができる

良い面悪い面
協調性がある、意見が聞ける競争心が少ない、向上心が見られない
みんなの話を聞き、まとめる力がある。また、自分の意思をいうだけでなく、相手の気持ちも思いやることができる普段から周りに合わせることが多く、1番になりたいと思うことが少ない。競争心があまり無いので、伸び悩むことがある。

お友達のことも大事にしながら、自分が一番になろうと考えるのは難しいようにも感じます。そのため、「~くんみたいになりたいね」と声掛けをして、緒に切磋琢磨できる関係を作るよう導いてあげましょう。

謙虚⇔人の意見に流されやすい

特徴:自分の意見を通そうとせず、みんなの意見を聞くことができる。

良い面悪い面
謙虚・場の雰囲気が読み取れる人の意見に流されやすい
相手のことを考えることができるので、無理に自分の意思を通そうとしない。わがままが少なく、大人の対応ができる。自分の意見に執着がなく、人の意見を聞くと流されることが多い。自分の意見と反対でも強く言われると、自分の意思を曲げてしまう。

自分の意見も大事だということを理解する必要があります。「あなたはどう思ってるの?」と聞く時間を必ずとりましょう。みんなの前で言えないようなら、家に帰ってからでも遅くありません。

ママやパパに意見が言えるようになれば、お友達の意見を聞いたうえで、自分の意見もお友達に言えるようになるでしょう。

素直⇔騙されやすい

特徴:真面目で話をよく聞くことができる。言われたことをやり遂げようとする。

良い面悪い面
素直、真面目騙されやすい、自分で判断しようとしない
誰かから頼まれたことなどは断れない、最後までやり遂げようとする力がある。何事にも真面目に取り組み、一生懸命。例え悪いことや間違ったことを言われても、素直に信じてしまう。自分で考えれば分かるようなことでも、人に言われたままにしてしまう。

何が良くて、何が悪いのか、自分で考えることを伝えましょう。例え、友達に言われても、やりたくないことには「NO」を言うこと。「言われたからやった」は通用しないことを理解する必要があります。

優しい子は人の気持ちを考えられる子、親に大事にされた経験が土台に。

優しい子は、お友達や周りの人を大事に思える子です。そして、その性格は自分が親から大事にされた経験に基づくものです。

親は、「優しい子に育ってほしい」「お友達のことを大事にしてほしい」と考えるならば、まず、自分の子にたくさん優しくしてあげてください。また、「あなたのこと大事だよ~」「あなたのことが大好きだよ~」と毎日伝えてあげてください。

お友達に意地悪をしてしまうことがあったとしても、一緒に謝ってあげればいいのです。「わが子は優しくないのかな?」と悩む必要はありません。まだ経験不足なだけです。一緒に優しいと思う行動をしてあげることで、子供は学んでくれます。

優しい子の育て方をもっと知りたいと思う方は、是非【Make You Happyご相談室】にご相談ください。優しい子の育て方について、アドバイスさせていただきます。

【Make You Happyご相談室】にご相談する

笑顔になれるママのサポートサービス

ママの子育てを手伝ってくれるのは、パパや両親だけではありません。自分の手が足りない時にサポートしてくれるサービスを上手に選ぶことで、子育てはずいぶん楽になります。

子供用冷凍宅食サービス:冷凍幼児食mogumo

【子どもお墨付き】冷凍幼児食mogumo

子供と一緒の時間をできるだけとりたい!と考えるママ。ご飯を毎日作る時間を短縮出来たら、いつも子供をせかさなくてもよい、心のゆとりが出るかもしれません。忙しい日のサポートに冷凍の宅食を保存しておくのは、ママの保険のような強い味方になりますよ。

レンジで3分子どもごはんmogumo

冷凍幼児食:mogumoを見る

 

英語絵本のサブスクサービス:Baby English Labo

Baby English Labo

子供に英語を学ばせたいと願うママたちは多いですね。習い事に通うことは大変なこともありますが、手軽かつ楽しく英語を学ぶ方法があります。それが、英語絵本を活用することです。絵本は子供たちの感性を刺激し、遊び感覚で学ぶことができるおもちゃの一つと捉えましょう。

英語絵本は、英語が苦手なママでも心配ありません。なぜなら、音声が付いている絵本が豊富にあります。子供と一緒にページをめくりながら、ママも一緒に読むだけでOK。これにより、楽しみながら親子で英語を学ぶことができます。

是非、英語絵本を通じて親子で楽しく英語の世界に触れてみましょう。

子育てを楽しくするグッツを探せる:TEMU

【Temu(ティームー)】米人気No.1の総合EC通販!お探しのものが何でも見つかる

子育てはお金がかかります。そのため、「良いな」と思っても、「高いからやめよう」と思うこともありますよね。この通販サイト【Temu】は、とにかく何でも安くて、億万長者になった気分でお買い物ができます。

子供のおもちゃや子供部屋のインテリアなど、おしゃれでかわいいデザインも多くあります。

子育てに便利なグッツが安く手に入る通販サイト:TEMU

通販サイトTEMUを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました